スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kate Sikora Band & Kondo Kohei Music Video/Promotion Video release party 2013.10.14

 KateKondo-flyer.jpg

Kate Sikora Band & Kondo Kohei Music Video/Promotion Video release party
2013.10.14(月祝)
八丁堀・七針 (
www.ftftftf.com open 18:30 start 19:00
前売り2000円 当日2300円


予約は各出演者、会場の七針もしくは下記アドレスに
件名にチケット予約と書いて、本文に、公演日、代表者氏名、枚数を書いて送信してください。
hirohomusicfriends@gmail.com

出演:Kate Sikora Band / 樽木栄一郎 / PawPaw / 近藤康平(ライブペインティング)

2013.6.29に同じ七針で映像チーム「YEALO!」による撮影を行ったKate Sikora Band&近藤康平のMusic Video/Promotion Videoの完成お祝いパーティーです!近藤康平さんと何度も共演している樽木栄一郎さん、前回は近藤さんと惜しくも共演できなくなってしまったPawPawを迎えてのVideoリリースパーティー!



Kate Sikora 

http://katesikora.com

ニュージャージー出身の女性SSW。09年、中尾憲太郎(ex-NUMBER GIRL、CRYPT CITY)監修のコンピ『kill your T.V.09』に参加、FUJI ROCK FESTIVALにも出演。
7年ぶりとなる本作は、これまでにティーンエイジ・ファンクラブ、ベル&セバスチャンなどを手がけてきたデイヴィッド・ノートンによるプロデュース。バンド・メンバーである岸田佳也(トクマルシューゴ他)、堀越武志(ex-OCEANLANE)、Minminはもちろん、世界中からゲストが参加し、ケイトの世界を彩る。
その中心にあるのはケイトの甘くて優しい、そして芯のある唄声。
共演したリズ・フェアをはじめとするUSインディー歌姫の系譜、カメラ・オブスキュラなどタイムレスなグラスゴーの香りを、東京から世界に向けて発信する稀有な存在である。

絵描き/ライブペインティングパフォーマー
1975年生まれ
鳥取大学大学院連合農学研究科卒業
2009年よりライブペインティングパフォーマンスをはじめる。
様々なミュージシャンの演奏に即興で絵を描いていくパフォーマンスも行っている。
これまでに清水"Shimmy"ひろたか、minakumari、世武裕子、pepecalfornia、坂田学、森ゆに、原田茶飯事
L.E.D.、schroeder-headz、木暮晋也、エマーソン北村、樽木栄一郎、ハリネコ等様々なミュージシャンと共演をしている。
2012年はジャンべUMEとラップMC ATOM(suika)とライブペインティングのユニットCOUNT ACEを結成。
ライブペインティング活動以外にもCD/LPジャケットのアートワークを中心に服飾、劇団舞台美術、書籍装丁などの分野で活動中。


樽木栄一郎

http://www.taruki.info



広島県福山市出身
音楽教室を開く家の長男として生まれる。
12歳でドラムを始め18歳で上京。
アーティストのサポートや、
プロドラマーのローディーをしながら作曲活動を続ける。
60年代(Soft Rock)〜70年代(Crossover music)に多大なる影響を受け、
尊敬するミュージシャン達のルーツを辿り、様々な表現方法を学ぶ。
現代における樽木流クロスオーバーミュージック。
様々な角度から入り込める立体的なリリックとメロディーが、
澄んだ声にとけてやわらかくココロに届く。
独創的かつ芸術性豊かなギター弾き語りスタイルで、
全国各地のカフェ、雑貨屋、ギャラリー、古民家、美容室など、
様々な場所で話題を呼んでいる。
絵描きやデザイナー等、異業種のクリエイターとのコラボも展開。
ドラマー「桷エイチロ」としても活動中。


PawPaw

http://www.paw-paw.info



モミ、ノグチマサト、アベトモヒロからなる3人編成のバンド。
当初6名で構成していたがメンバーチェンジを繰り返し2011年現在の構成となる。 イラストレーターの「ナガノチサト」がアートワークを担当。少ない線で構成しながらも 有機的な世界感がPawPawの音楽を押し広げる。ライヴではシーケンサー類 を一切使わず、生のサウンドにこだわりを見せながらも打ち込みのごとく緻密でア グレッシヴなドラミングと絶妙なヴォイシングを聴かせるガットギターの絡みで、 エレクトロニカ的なアプローチを見せる不思議なサウンド。





All the starring(except Hige Ojisan) and shooting team YEALO!
IMAG0923.jpg 
スポンサーサイト

UTAOTOUTOUTO & 近藤康平presents 「うとうとの音色」 2013.09.26

20130926omote.jpg

2013 9.26(Thu)
​UTAOTOUTOUTO & 近藤康平 presents 『うとうとの音色』
at  甲府・CAFE & GALLERY 富雪 http://fusetsugallery.net OPEN 19:00 START 19:30

出演:樽木栄一郎  / カガリビ / 近藤康平(ライブペインティング)

前売り2000円 当日2500円 共に1ドリンク要オーダー
ご予約は各出演者もしくは下記アドレスへ件名にチケット予約、本文に公演日、お名前、枚数を書いて送信してください。


近藤康平
絵描き/ライブペインティングパフォーマー
1975年生まれ
鳥取大学大学院連合農学研究科卒業
2009年よりライブペインティングパフォーマンスをはじめる。
様々なミュージシャンの演奏に即興で絵を描いていくパフォーマンスも行っている。
これまでに清水"Shimmy"ひろたか、minakumari、世武裕子、pepecalfornia、坂田学、森ゆに、原田茶飯事
L.E.D.、schroeder-headz、木暮晋也、エマーソン北村、樽木栄一郎、ハリネコ等様々なミュージシャンと共演をしている。
2012年はジャンべUMEとラップMC ATOM(suika)とライブペインティングのユニットCOUNT ACEを結成。
ライブペインティング活動以外にもCD/LPジャケットのアートワークを中心に服飾、劇団舞台美術、書籍装丁などの分野で活動中。
 樽木栄一郎
広島県福山市出身
音楽教室を開く家の長男として生まれる。
12歳でドラムを始め18歳で上京。
アーティストのサポートや、
プロドラマーのローディーをしながら作曲活動を続ける。
60年代(Soft Rock)〜70年代(Crossover music)に多大なる影響を受け、
尊敬するミュージシャン達のルーツを辿り、様々な表現方法を学ぶ。
現代における樽木流クロスオーバーミュージック。
様々な角度から入り込める立体的なリリックとメロディーが、
澄んだ声にとけてやわらかくココロに届く。
独創的かつ芸術性豊かなギター弾き語りスタイルで、
全国各地のカフェ、雑貨屋、ギャラリー、古民家、美容室など、
様々な場所で話題を呼んでいる。
絵描きやデザイナー等、異業種のクリエイターとのコラボも展開。
ドラマー「桷エイチロ」としても活動中。


カガリビ

http://kagalibi.com




『 カガリビ, 』は河合雄三によるソロユニット。
1980年生まれ、岡山県出身。
幼少時代に母親がピアノ教室をやっていた事もあり、日常的に音楽に親しんでいた。
12歳の時に初めてギターを手にする。
様々な人や音楽と出会い、影響を受ける中、25歳の頃から『 カガリビ, 』として活動を始める。
都内を中心に、弾き語りやバンドスタイルなど様々な形態で全国的にライブ活動を展開。
Blues、soul、jazz、rock、reggae、旅、風景、女の子、憂鬱、友達 などのエッセンスを
自身のフィルターで消化したポップミュージックを作り、歌っている。

2013/09/21 UTAOTOUTOUTO presents FALL INTO MUSIC

20130921omote.jpg

UTAOTOUTOUTO presents FALL INTO MUSIC
2013.9.21(Sat)
Shibuya 7th FLOOR
OPEN 18:00 START 18:30


Adv/2500+1d  Door/2800+1d  Student/1500+1d(学生証提示)

出演
箱庭の室内楽 / Maika Leboutet / Honeydew / ハリネコ / エリーニョ

ご予約は各出演者、会場の7th FLOOR(http://7th-floor.net/)
もしくは下記アドレスへ件名にチケット予約、本文に公演日、お名前、枚数を書いて送信してください。


ハリネコ
沙知(pf/vo/syn)諏訪創(ds/syn/per)
歌物POPS+即興を軸に、景色観を描いたアートパフォーマンスのような音楽世界を展開する変幻自在バンド。
歌を軸に、柔らかくもあり強くもある幅広いドラミングとパーカッションプレイ、さらにシンセサイザーやらおもちゃやらで、その世界観を時にロックに時に美しく増幅。
ほかに類のない世界を描いている。と同時に「音を楽しむ」ことも忘れず、聴く人すべてが楽しく・ワクワクするようなPOPSを体現。
そして2013年4月、初の公式音源となるアルバム「とうきょう」を全国リリース。
斬新でありながらPOPSから逸脱しない今作は、各方面から多数の高評価を得ている。
活動拠点は主に東京。しかしながら、美味しいものと素敵な場所があれば、全国どころか海外へでも飛んでいく愉快な仲間たちです。
8月~9月は様々な音楽家から大注目される絵描き「近藤康平」さんとともに、
ACID GALLERYとのコラボにより彼の絵を取り込んだ衣装を身にまとい
関西・北海道ツアーを行う予定。!
WEB  http://harineko23.blog115.fc2.com/
twitter http://twitter.com/harineko_23
facebook http://www.facebook.com/harineko





箱庭の室内楽
2006年にbolbotsの中心メンバーで活動開始。
同年kimica records/perfect musicより1stアルバム「箱庭の室内楽」、
2007年NATSUMENのAxSxE録音によるミニアルバム「幾何学的カーニバル」をリリース。
レコ発イベントは石橋英子、トルネード竜巻、タラチネが出演。
2010年8月にceroとyumeirochoをゲストに自主企画「楽園祭vol.1」、
11月には初ワンマンとなる「楽園祭vol.2」を行う。
2011年西麻布a-lifeにて入場無料イベント西麻布フリーロックフェスvol.1を開催。
出演はtengal6(現lyrical school)とStefanie。
6月に2ndアルバム「birthday's eve」のレコ発を行う。
共演者はクールポコ、DJ Kussy(Fragment)。
9月に杏窪彌、THE OTOGIBANASHI’S、DJ zool.gelをゲストに
西麻布フリーロックフェスvol.2を開催。

現在のメンバーは以下の4人

ハシダカズマ(Vo&Guitar)、本田琢也(Bass)、松本暁雄(Drums)、やまだじろう(key)

http://hakoniwano.com
https://twitter.com/hakoniwa_ha



Maika Leboutet
日仏ハーフ、フランス在住経験があり、日本語・英語・フランス語を操る。凛としていながら時に狂気さえも感じさせるヴォーカルと、ヴィンテージアナログ楽器からテノリオンなどの最新電子楽器までを自在に操る。音像のひとつひとつにこだわり抜き、常に最適・最高の音色でMaika Leboutetワールドを彩色していく、ひとつのジャンルに捉われない自由で独創的な発想で紡ぎ出される中毒性の高いサウンドが特徴である。

2009年EA(エア)という2人組POP/ELECTRONICA/ALTERNATIVE ユニットを結成し、Voと全作詞・作曲、programming、 Synthesyzerを担当。2012年5月9日にリリースされた1st mini album 『METEO』という セルフプロデュースによる本作は、あらきゆうこ(mi-gu、コーネリアス・グループ、オノ・ヨーコのPLASTIC ONO BAND、etc)をドラムに迎える。また日本のPOPSの歴史を語るに欠かせない名プロデューサーとして知られる牧村憲一がヴォーカル・プロデュースに携わっているのも見逃せない。
2013年4月開催の国内最大級のロックフェス、ARABAKI ROCK FEST‘13にも出演が決定!

2013年7月よりEAとしての活動と並行して、自身のソロ活動を開始。

https://twitter.com/maika_leboutet
https://soundcloud.com/maikaleboutet 
http://www.eaeaea.net/






エリーニョ
3月4日、東京生まれ。 4歳よりクラシックピアノを始める。
'04年よりピアノボーカルとしてバンド活動を開始。
'09年にソロユニット『エリーニョ&The Sweetest friends』をスタートし、
'09年10月、1st album 『ヒヨコと猫の鳴いた、ココにある日常的。』 をリリース。
'11年2月、2nd album 『コンクリート下の水母について』 を通常プラケースパッケージ盤/真空パック水母盤の2パッケージ同時リリースし、話題をさらう。
'11年7月、石川ユウイチ(ANIMA)、高橋ケ無(SOUR)との即興セッション 『Session with photograph exhibition』 を配信限定リリース。
'13年3月、3rd album 『空中ランドリー』をリリース。
ピアノボーカルでのソロ形態、サポートミュージシャンとのユニット形態、そしてソロバンドプロジェクト"The eri-nyo Quintet"とのバンド形態と様々な形で、
国内各地でのライブ活動はもとより、韓国ツアーを行ったり、プラネタリウムでワンマンライブ、スタジオブース内に観客を招いた形での公開レコーディングを決行するなど、 日々活動範囲を広めている。

http://eri-nyo.com/
https://twitter.com/eriinyo





Honeydew
ニューヨークのブルックリンでChimp Beamsのギタリストと して作品をリリースし続けている水谷ケイゴが渡辺淳子(B/Vo)、ライリー・スマラ(Ds)と組んだ3ピースバンド。渡辺と水谷の帰国により2009年1月より東京を拠点にライブ活動開始。90年代のグランジ/オルタナティブロックのサウンドを引き合いに出されることもしばしば。男女混声ハーモニーはシューゲイザー、パワーポップ好きの人にもオススメ!COALTAR OF THE DEEPERS, 特撮、ロマンポルシェ等のサウンドを手掛けたエンジニアのKidoh Takiのミックスでデビュー!

http://honeydewmusic.com
https://twitter.com/honeydew_news


2013/09/07 UTAOTOUTOUTO Vol.16 清水"Shimmy"ひろたか, Quinka, with a Yawn ダブルレコ発 【3579ツアーvol.2 and さよならははじまりのツアー】

 20130907-blog.jpg


UTAOTOUTOUTO Vol.16


清水"Shimmy"ひろたか, Quinka, with a Yawn ダブルレコ発 
【3579ツアーvol.2 & さよならははじまりのツアー】


2013.9.7(SAT)

会場 CAFE & GALLERY 富雪 http://fusetsugallery.net/ アクセスはこちら
開場17:00 開演17:30
チケット 予約 2500円+1D  /  当日 2800円+1D
東京方面から電車での日帰りも可能です(甲府21:36発新宿24:09、高尾乗り換え京王新宿24:05)
甲府駅時刻表はこちら


出演
清水"Shimmy"ひろたか / Quinka, with a Yawn / 田辺玄 (Water Water Camel)


UTAOTOUTOUTO Vol.16は今年(2013)新アルバムをリリースされた2組 (清水"Shimmy"ひろたかさん、
Quinka, with a Yawnさん)を山梨の誇るWater Water Camelの田辺玄さんと共にお迎えしてお送りします!
予約は各出演者、会場
もしくは下記アドレスへ件名にチケット予約、本文に公演日、お名前、枚数を書いて送信してください。
hirohomusicfriends@gmail.com





清水”Shimmy”ひろたか


http://hirotakashimizu.blogspot.jp/
https://twitter.com/ShimizuHirotaka

愛称はshimmy。ギタリスト、ベーシスト。89年から音楽活動を始め、オノ・ ヨーコ、坂本龍一、Salyu、デヴィド・バーン、ルー・ リード、ショーン・レノンなど国内外のアーティストのレコー ディング、ライブに参加共演。2003年から、コーネリアス、くるり等のレコーディングやライブで 知られるドラマー、あらきゆうこのプロジェクトMI-GUのアルバム・プロデュー スを手掛け、テキサス、NY、ロス、サンフラン、アイスランドといった海外でもライブを行い、ショーン・レノンが主催するキメラ・ミュージックからもベス ト・アルバム『Choose The Light』をリリース。2006年から コーネリアスのTHE CORNLIUS GROUPにベーシスト、ギタリストとして参加し、以降の日本国内を含むワールドツアーでもプレイ。2009年にオノ・ヨーコのYoko Ono PLASTIC ONO BAND『BETWEEN MY HEAD AND THE SKY』にギタリストとして参加し、現在制作中のニュー・アルバムのレコーディングにも引き続き参加。2011年には、チボ・マットの本田ゆか、ペトラ・ ヘイデン、あらきゆうこと共にバンドIF BY YESとして1stアルバム 『Salt on Sea Glass』をキメラ・ミュージックよりリリース。同作には、デヴィッド・バーンやウィルコのネルス・クライン、コーネリアスがゲスト参加したことでも大 きな話題を集める。そして、”清水ひろたか”名義としては実に12年ぶりとなるニューアルバム『3579』が遂に完成。ゲストボーカルはEAのマイカ・ル ブテ。参加ミュージシャンは細海魚、U-zhaan、Robin Dupuy、宮川剛、あらきゆうこ、斉藤シンヤ(EA)。アートワークは山口一郎。 






Quinka, with a Yawn

http://www.quinkawithayawn.com/
https://twitter.com/QuinkaWAY

シンガーソングライター青木美智子によるソロユニット。 
1974年、埼玉県生まれ
1998年、女性トリオバンド「エスレフノック」のGui./Vo.としてエピックレコードからメジャーデビュー。
2000年、エスレフノックを脱退しソロユニット「Quinka,with a Yawn」の活動を開始。
5枚のオリジナルアルバムと3枚のカバーアルバムを発表。
夫であるHARCOとのユニット「HARQUA」では、アルバムを一枚制作。エコと音楽のイベント「きこえる・シンポジウム」を年に2回開催。
また、J-POPカバーユニット「D.H.Y.」のボーカリストとして、「LOVES」他4枚のアルバムでは売上累計6万枚を記録した。
CMでの作曲や歌唱でも数々の作品に携わる一方、2011年には初のCM出演に挑戦。
縦笛やピアニカ、幾重のコーラスワークから作り出される情緒的で愛らしい歌は大人のための子守唄と称され、音楽ファンを魅了している。

2013年、NEW ALBUM さよならトリステスをリリース。







田辺玄

http://genwwc.blogspot.jp/
https://twitter.com/gen_wwc

好きな音は遠くで聴こえる生活音。
WATER WATER CAMELのひとり。
国立音楽大学音楽デザイン学科で音との色々な向き合い方を学ぶ。 
2006年に自主レーベル"Gondwana label"を立ち上げる。
全国各地を飛び回りながら、カフェやギャラリー、お寺や廃校、植物園やプラネタリウムなど、多様なスペースで音を響かせている。またギタリストやレコーディングエンジニアとしての活動や、CM、WEB、展示空間のサウンドデザイン等、音を媒体にさまざまな人や場とのコラボレーションを展開している。




UTAOTOUTOUTO presents 「Serious Drugs - Film About BMX Bandits」 DVD launch in Tokyo

BMXdvd0825.jpg




UTAOTOUTOUTO presents
Serious Drugs - The Film About BMX Bandits」 DVD launch in Tokyo





2013年7月14日(日),8月25日(日) 会場: 東京八丁堀・七針 http://www.ftftftf.com/ 




7月14日 12:20開場 12:30開演(タカタタイスケソロライブ) 13:00頃より上映開始
チャージ 1000円 飲食物持ち込み自由

8月25日 16:30開場/ 17:00開演 
ライブ タカタタイスケ(PLECTRUM)+フレンズ、re-Peat、Pancho(JimmyPops)
チャージ 1000円 飲食物持ち込み自由

BMX Banditsの25周年を記念して制作されたドキュメンタリー作品「「Serious Drugs - The Film About BMX Bandits」DVDが発売されました。
実はオリジナル盤の状態で日本語字幕付き(スペイン語などもある)という親切さ。
それは制作者のJim Burnsさんはもちろん、BMX Bandits(ダグラスさん)が世界中のファンを愛してるからこそ。
ちなみに日本語字幕のために翻訳作業を行ったのはBMX Banditsの元メンバー(Eugeniusのメンバーでもある)Gordon Keenさんの奥様。
翻訳作業(特に字幕の)なんてプロでなければなかなかやろうとはしないものなのに、日本のファンのために作業してくださったわけで、僕を含め、英語が苦手な日本人ファンはホントに感謝である。

そんな想いの詰まったドキュメンタリー作品を日本のBMX Banditsファンが集まって観たらきっと楽しいに違いない。
というわけで、制作者のJimさんに許可を頂きDVD上映会を行えることになりました。

7/14,8/25ともに上映前にグラスゴー音楽好き音楽人によるライブもあります!

ご予約は下記アドレスへ、件名に上映会予約 本文に公演日、お名前、枚数を書いて送信してください。
hirohomusicfriends@gmail.com



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。